家族滞在 名古屋
トップ
家族滞在ビザ,名古屋
家族滞在ビザの書類
資格外活動
在留期間の更新
家族滞在ビザの申請
家族滞在ビザ,名古屋
会社案内
依頼するメリット
料金表
お問合せ
行政書士スタッフ紹介


行政書士 スタッフブログ

行政書士 無料相談



新宿オフィス 新宿駅

秋葉原オフィス 秋葉原駅

名古屋オフィス 名駅

大阪オフィス 西梅田駅

プライバシーポリシー・免責


家族滞在ビザの名古屋での申請はサポート行政書士法人へ。

家族滞在ビザ 書類 名古屋

家族滞在ビザの必要書類

名古屋入国管理局へ、家族滞在ビザ申請のための提出書類は下記のとおりです。

※下記の書類は一例となります。お客様の状況に応じて、必要な書類が増える可能性がありますのでご注意ください。
(在留カードは、平成24年7月の新在留制度施行後、一定期間は外国人登録証明書で代用可能です)

■在留資格認定証明書交付申請

申請人に関する書類

家族滞在ビザ 書類 名古屋
  • 在留資格認定証明書交付申請書
  • 写真(4cm×3cm)
  • 申請人と扶養者との身分関係を証する資料

扶養者に関する書類

  • 在留カードのコピー
  • 住民税課税証明書
  • 住民税納税証明書

扶養者の勤務先に関する書類

  • 在職証明書又は営業許可証

その他の書類

  • 返信用封筒(380円切手貼付)

■在留資格変更許可申請

申請人に関する書類

  • 在留資格変更許可申請書
  • パスポート
  • 在留カード
  • 申請人と扶養者との身分関係を証する資料

扶養者に関する書類

  • 在留カードのコピー
  • 住民税課税証明書
  • 住民税納税証明書

扶養者の勤務先に関する書類

  • 在職証明書又は営業許可証

■在留期間更新許可申請

申請人に関する書類

  • 在留期間更新許可申請書
  • パスポート
  • 在留カード
  • 申請人と扶養者との身分関係を証する書類

扶養者に関する書類

  • 在留カードのコピー
  • 住民税課税証明書
  • 住民税納税証明書

扶養者の勤務先に関する書類

  • 在職証明書又は営業許可証

■家族滞在ビザ申請に必要な書類について

上記は必要最低限の書類であり、書類を提出しても、名古屋入国管理局で追加書類の提出を求められたり、書類不足で不許可になってしまう場合があります。家族滞在ビザ取得に必要な書類はケースにより異なり、許可を得るために必要な事項は申請者の側で立証する必要があります。

家族滞在ビザ 必要書類 名古屋

子供の年齢について18歳以上は在留資格が取得できないのではないか思われがちですが、18歳以上であっても扶養しているのであれば在留資格の取得は 可能です。ただし、実際の審査では生活状況、扶養状況など総合的に審査がされることとなりますので18歳以上は特に誤解されないように審査ポイントを押さえた書類作成が必要となります。

名古屋などにお住まいの外国人の方がご自身で名古屋入国管理局に家族滞在ビザの申請をしても、不許可になる事例が多々あります。 再度同じような申請をしても不許可とされる可能性は高くなりますが、この場合、何か用意すべき書類で抜けている可能性があります。
そこで、家族滞在ビザ申請名古屋センターでは、申請のための書類を不足なく作成し、名古屋入国管理局へ提出いたします。

なお、名古屋入国管理局の場合、不許可の際に詳細な理由までは教えてくれません。 家族滞在ビザ申請名古屋センターでは、不許可になった後、再申請する場合に、不許可の理由を検証し、再申請時に許可されるような必要書類作成を行います。

名古屋オフィスは名駅から徒歩3分のところにあり、無料相談も受付しております。
名古屋入国管理局への家族滞在ビザ申請が不許可になったけれども、どうしても家族を名古屋などに呼び寄せたい方は、ぜひ、家族滞在ビザ申請名古屋センターにご連絡ください。

家族滞在ビザ申請名古屋センターでは、豊富な経験に基づき、審査基準を満たしていることを立証できる書類を収集・作成した上で申請を行います。



家族滞在ビザ,名古屋

家族滞在ビザ,名古屋 家族滞在ビザ,名古屋 家族滞在ビザ,名古屋 家族滞在ビザ,名古屋 家族滞在ビザ,名古屋 家族滞在ビザ,名古屋